心・血管病Q&A

  • Q.心筋梗塞は心臓の病気じゃないんですか?

    心筋梗塞は心臓に起こった血管の病気です。心臓のまわりを通っている冠状動脈が詰まったり狭くなったりして、心筋に血液がいかなくなった状態が心筋梗塞です。

    A
  • Q.胸が締めつけられるような痛みがあります。
    何科で診てもらえばいいですか?

    胸痛にはいくつかの要因があり、それによって心臓血管外科や循環器内科、呼吸器内科など受診する科が異なります。早めにかかりつけ医にご相談ください。

    A
  • Q.動脈硬化は治りますか?

    動脈硬化は加齢や喫煙・肥満、糖尿病や高血圧・脂質異常症(高脂血症)などが原因となって起きる生活習慣病です。治すことよりもこれ以上悪化させないことが大切ですので、生活習慣の改善を図ること、持病がある方は適切にコントロールするようにしましょう。

    A
  • Q.人間ドックで血管検査は受けられますか?

    最近では、人間ドックなどでも動脈硬化の可能性を調べたり、血管病の可能性を探る簡単な検査を行っている施設が増えてきました。代表的なものに、ABI測定・頚動脈の超音波検査、FMD検査などがあります。基本の検査項目に含まれていなくても、オプションで受けられることもありますので、受診の際に医師にご相談ください。

    A
  • Q.ABI検査の費用はどのくらいかかりますか?
    健康保険はききますか?

    基本的には保険での診療が可能ですが、健康診断など自費診療の場合は施設により異なりますので、事前に確認をしてください。

    A
  • Q.足の冷えやしびれなどがあります。
    心・血管病の症状なのでしょうか?

    血液の流れが悪くなると足の冷えやしびれを起こすことがあります。心・血管病の可能性もありますが、他の原因も考えられますので、早めにかかりつけ医にご相談いただくか、血管外科の専門医がいる病院に受診しましょう。

    A
  • Q.冬は心筋梗塞の発症が多いと聞きましたが本当ですか?

    急激な温度変化(寒冷刺激)が血管を収縮させ、それに伴い組織への血液供給が減少したり血圧が高くなるために、狭心症や心筋梗塞・脳梗塞などの血管病を引き起こす可能性があります。

    A
  • Q.心・血管病は遺伝しますか?

    心・血管病を引き起こす危険因子である高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)には遺伝性があります。

    A
  • Q.動脈硬化の予防は?

    バランスのとれた食事でミネラル・ビタミン補給し、食事の量にも気をつけましょう。動物性脂肪の食べ過ぎや塩分の取りすぎには注意を。ストレス解消や有酸素運動を取り入れ、お酒の飲みすぎや喫煙は控えることが大切です。

    A
  • 毎年敬老の日の前日は心・血管病予防デー 今年は9月14日
  • 日本心・血管病予防会
  • 日本心・血管病予防会